俺が生まれる予定の次元が1次元多かった


by rokmaturi

姉C・M・S

「やっぱりやめましょう、こんなこと・・・ね」
「ダメた!だったらこのサイト、楽に更新できるようにしてよ!!」
「C・M・S!C・M・S!」

いきなりこんな古いネタでアレですが、訳あってCMSを入れる事にしました。CMSってのは有名どころでいうとxoopsとかPloneみたいな、ポータルサイトで使われてるようなヤツよ。





●CMSの選択
ふらふら眺めていたところ、見た目がよさそうなJoomlaに決めた。マジ適当。

●前準備
サーバーは勿論windows。Linuxだとトラぶった時、再インストール以外で直す方法を知らないからw。httpdは、Apacheが推奨されていて、さらにPHPとMysqlが必要。
今回、PHPとMysql環境をIISで作ってあったので、それを生かす形でそのまま使うことにした。が、JoomlaのIIS環境でのインストール例はほとんど見あたらない。公式サイトでIIS対応、と書いてあるので、多分動くでしょう。

PHPとMysqlのインストールは省略。

●設定
IIS6の場合、PHPを動かすのに少し設定が必要

・PHP
Joomlaをダウンロードして、IISでwebで見られる設定をした後、ブラウザ経由でインストール開始。ここで、PHPの設定でこれを止めろだの、これを動かさないと、インストールしくじるかもよ?みたいな表示。PHPの設定ファイル(php.ini)はIISの場合、設定がサーバー内で共通のため(多分)、うかつに弄ると他のPHPスクリプトに影響が!
ちなみに、Apacheの場合はhtaccessファイルでphpを個別に設定できるそうです。IISめ・・・。
で、いろいろ調べてると、WindowsレジストリによるPHPの設定の変更というのがあって、レジストリを弄ることにより、個別に対応出来るらしい。よく理解できなかったが、こういうことだった。

例えば、c:\inetpub\joomla というフォルダに個別でphpの設定を通す場合
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWAREの中に、
PHP\Per Directory Values\c\inetpub\joomla と新規でキーを作っていき、最後に新規文字列値で、値の名前:mbstring.http_output 値のデータ:passとか作っていけばOKという事らしい。
そんなわけで、上記のような感じでレジストリを追加して、インストール時の赤文字を消していきます。

・Mysql
インストールを続けていくと、mysqlのユーザー名とか聞かれた。どうやらMysqlの設定が必要な様子。環境だけは作ったが、Mysqlド素人の俺、ググって解決策を見つけ出す。

Mysql実行時、WinMysqlAdminっていうのが勝手に起動しているが、どうやらこれは情報表示のみらしく、設定はコマンドプロンプト(DOS窓)でやっていく模様。

DOS窓からmysql/binフォルダに移動し、
>mysql -u root -p
>Enter password Mysqlをインストールした時のパスワードを入力
Mysqlをインストールして、起動した時、最初にユーザー名とパスワードを打ち込んだけど、その時のユーザー名は関係ないらしいw

>use mysql;
Database changed
Mysql本体のデータベースへ接続

>delete from user where user='';
匿名アカウントの削除。

>select host, user, password from user;
とりあえずuserの確認。

>grant select,insert,delete,update,create,drop,file,
alter,index on *.* to joomla@localhost identified by '任意のパスワード';
joomlaという名前のアカウントの作成
on *.*で全部のデータベースへのアクセスが可能という設定(らしい)
on joomla_db.*でjoomla_dbのみへのアクセス、ということか?

>flush privileges;
ユーザー情報の更新

>create database joomla_db;
joomla_dbというデーターベースの作成

>show databases;
データーベースの確認

>drop database test;
testという、余計なデーターベースの削除

>exit
Mysqlの設定は以上

・joomlaのインストールの続き
上記で設定した、ユーザー名、パスワード、データベース名などを追加していく。
そういえば、ホスト名のところにLocalhostといえれたら、他のマシンから見たとき、画像が表示されなかったので、IPアドレスで指定しておいた。

・インストール終了
順調にインストール終了。joomlaのフォルダから、instlationフォルダを削除し、ブラウザで接続すれば、Joomlaのサイトが見えるはずだ!!

・文字化けした。
Mysql側はEUC-JP、joomla側がUTF-8。この辺のやりとりで文字化け。
いろいろ対応策を探したが、結局のところ、今使ってるMysql3.23では解決出来ないため、Mysql5.0を入れた。どっちのsqlも同時に使えるのかと思ったら、排他的でしか使えないため、いったん3.23側のグループウェアを止めて、Joomlaのみに集中することにした。

Mysql5.0インストールの際、strict modeをOnにすると、Joomlaインストール時にこけるので、注意が必要。

configuration.phpが本来はUTF8で書き出されるはずなのに、どうがんばってもjisで書き出される。
さんざん悩んだ結果、IISでJoomlaの文字化けは直らないという結論になりました。俺の中で。
[PR]
by rokmaturi | 2007-03-07 19:14 | windows