俺が生まれる予定の次元が1次元多かった


by rokmaturi

とらぶるうぃんどうず大好きっ子の俺がmrtgとsnmpをインストしましたよ

VineLinuxに続き、windowsserver 2003にもsnmpとmrtgを入れてみた。結構苦労した。



●前準備
必要なソフトをダウンロード

・httpdはIISを使用
MRTG
ActivePerl
SNMP Informant-STD

●インストール
クーに子種をインストールしたい。

・SNMPのインストール
コントロールパネルのアプリケーションの追加と削除→Windowsコンポーネントの追加と削除→管理とモニタツールにチェックを入れ、簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP)をインストール。コミュニティ名は、サービスでSNMPのプロパティで追加・変更可。

・ActivePerlのインストール
思うが侭にインストール。パスとか勝手に追加してくれるので、設定しなくても動くはず。男らしく、Cドライブ直下にインストール(c:\perl)。

・MRTGのインストール
好きな場所に、わかりやすい場所に解凍。今回はc:\inetpub\mrtg-2.12.2

●MRTG設定
基本的にはLinuxとかわらず。webとして公開できる場所にファイルを吐き出させます。今回はc:\inetpub\wwwroot\mrtg。imageフォルダを作って、そこにアイコンとかバナーをコピー。
・mrtg.cfg作成
>perl cfgmaker public@localhost
多分これで、c:\inetpub\mrtg-2.12.2\binにmrtg.cfgが作成される。

今回はLinuxのときと違ってだらだら長い。なんでかなと思ったら、ネットワークカードを刺してる分だけ作られてた。今回はそのうちの1枚しか統計を取らないので、他の部分は削除した。
ここもLinuxの時と変わらない。

# or for NT
WorkDir: C:\Inetpub\wwwroot\mrtg
IconDir: ../images

#Language
Language: eucjp

EnableIPv6: no ←IPV6を使わない
RunAsDaemon: yes ←常時起動の設定

# グラフの左が過去(growright)になるようにし、デバイス名等の情報を出力しない(noinfo)ように設定。
Options[traffic]: growright, noinfo

Target[localhost_16777219]: 16777219:public@localhost:
SetEnv[localhost_16777219]: MRTG_INT_IP="192.168.1.100" MRTG_INT_DESCR="Intel 8255x-based Integrated Fast Ethernet"
MaxBytes[localhost_16777219]: 1250000
Title[localhost_16777219]: Traffic Analysis for this server
PageTop[localhost_16777219]: Traffic Analysis for this server

System: private@local
Maintainer:
Description:Intel 8255x-based Integrated Fast Ethernet
ifType: ethernetCsmacd (6)
ifName:
Max Speed: 1250.0 kBytes/s
Ip: 192.168.50.100 (riesz@localhost)


### CPU Load Average

Target[cpu]:.1.3.6.1.4.1.9600.1.1.5.1.5.1.48&
.1.3.6.1.4.1.9600.1.1.5.1.6.1.48
:private@localhost:
↑全部1行
MaxBytes[cpu]: 100
Unscaled[cpu]: dwmy
Options[cpu]: growright, gauge, absolute, noinfo, nopercent
YLegend[cpu]: CPU Load (%)
ShortLegend[cpu]: %
Legend1[cpu]: Privileged (system) CPU use in percent
Legend2[cpu]: User (application) CPU use in percent
LegendI[cpu]: PrivCPU:
LegendO[cpu]: UserCPU:
Title[cpu]: CPU Load Average (Privileged & User)
PageTop[cpu]: CPU Load Average (Privileged & User)

●MRTG実行
>perl mrtg mrtg.cfg
Linuxの時と同じように3回実行すれば、データが吐き出されるはず。

SNMPinformantフォルダにinformant-std-tree.txtがある。そこを見れば追加されたMIBもわかる。CPUが見えてないときはTarget[cpu]:行のMIBが違う恐れがある。ちなみに.1.3.6.1.4.1.9600.1.1.5.1.5がCPU利用度の%表示という意味みたいだけど、その後の.1.48がわかりません。あと、MRTGは5分に一回データをとってるので、そのときのCPUパワーを計測します。

win版snmpとmrtg参考

win版snmpとmrtg参考
MIB構造について 挿絵にたまに萌えキャラアリ
[PR]
by rokmaturi | 2005-09-27 15:05 | windows